将来を見据えた住宅環境を手にいれるために何をすべきか?

住環境には、色々な側面があり、引越しをするといっても、容易はありません。今回は、マンションの購入しポイントをあて、新築がいいのか?もしくは中古でいいのか?または、購入した方がいいのか?賃貸で賄ってしまうのがいいのか?といった視点で、展開していきます。

先ずは、自分の家庭環境を考慮しなくてはいけません。特に、子どもや、両親がいる場合は、十分に検討が必要でしょう。地域によっては、住居環境がとても悪いところがあったりします。また、昔は墓地だったりとかになると、昔の地理的なものの知識も必要となってきます。

そして、教育環境も重要視しなくてはいけないでしょう。少し都市部から離れてしまうと、ガラの悪いタイプの人たちが多くなる可能性も高いのです。また逆に、都市部に近づくと、公立でも教育制度が安定しており、大変良い教育制度で、学校生活がおくれたりということがあるのです。

両親に目を向けると、お年寄りが暮らしやすい環境も整えていく必要があるでしょう。 坂道が多かったり、狭い道路が多かったりと込み入った地域だと、住みにくいイメージがあります。私たちでもそうなのですが、近所とのある程度の距離感が必要ではありますが、もしもの時に、連携ということも必要となります。近所付き合いをしやすいところを予めリサーチしてから、今後、住む地域は決めなくてはならないのです。

そして、私のことも例にして、マンション購入を検討して行きたいと思っています。私は、40代の一般的なサラリーマンなのです。比較的、感情移入しやすいのではないでしょうか。

その人その人の環境によっては、マンションは新築がいいとか、中古でいいとか。または、購入した方がいいとか、賃貸の方がいいケースもありますので、検証して、自分にあったパターンを選定した方がいいでしょう。必ず、新築で購入しなければならないといったことはありませんので、安心してほしいものです。

住環境を整えるといったことは、人生のプランを考えることに直接関連してきます。実家から旅立っての就職していたとなると、今までの1DK程度のアパート暮らしが、彼女ができ、結婚すると、2DKや3DKへアパートや、マンションへの引っ越しも必要となるでしょう。また、ここでも両親問題等の、住環境に加え、周りの人間関係も関わってきます。そして、子どもができ、幼稚園や、学校へ行くようになると、また新たな住環境が必要になり、改めて将来を考えざるを得ません。

また、自分のことも考えると、この社会情勢では安心して働くこともできないでしょう。なんせ、いつ会社が潰れるのかさえも、読めなくなってきている日本です。大きな買い物で、マンション等を検討する余裕もなかなか持てないのではないでしょうか。

こんな状況下でも、明日をみて前進しなくてはなりません。住環境を整えるには、それくらいの先見性が必要となるのです。私の将来とも比較し、考えてみて記述していきたいと思います。ここには、他人ごとでは無い、自分の問題としても、検討しなくてはならない事項が多くあるのです。

archive

archive

archive

マンション購入方法の始め方を私を例にして展開しています。マンションのことで、何を調べたらいいのかをお教えしましょう!失敗しない購入方法があるはずなのです。

Read More マンション購入方法あれこれ

archive